三木博人税理士事務所 三木博人行政書士事務所
お問い合わせ
枚方市大垣内町2-17-5 ダイショウビル304号室
HOME > オフィシャルブログ > 個人で事業をする場合は儲かったお金を全部使ってはいけない
枚方市大垣内町2-17-5
ダイショウビル304号室
お問い合わせ
税理士顧問契約節税対策
融資・資金調達金融機関対策支援
確定申告
起業・会社設立支援
法人成りシミュレーション
枚方の税理士三木博人オフィシャルブログ

枚方の税理士 三木博人 オフィシャルブログ

2016/10/28
個人で事業をする場合は儲かったお金を全部使ってはいけない

枚方市の税理士三木博人です。

フリーランサーなども含めて個人で事業をしている場合、大きな売上や
おいしい仕事があって、たくさんのお金が入ってきても、そのお金を
全部使ってはいけません。

会社勤めの場合、税金(所得税)や社会保険料は、あらかじめ差し引いて
お給料をもらいます。

しかし個人事業主の場合は、税金(所得税)や社会保険料(国民健康保険)は
後払いです。

自分で1年分の収支を計算して、所得を確定したうえで税金を算出します。

その税金は翌年になってから支払います。

儲かってから税金を支払うまでに、かなりタイムラグがあります。

場合によっては1年以上のタイムラグになります。
(平成28年1月に儲かった場合でも、平成29年3月に申告して納税します)

「儲かった」といっても、それは「税引前」であるということを認識
しておかなければなりません。

サラリーマンは納税資金の心配をする必要はありませんが、個人事業主は
税金も社会保険料も儲かってから、しばらく時間がたってから支払うこと
になります。

またサラリーマンと違って、ボーナスや退職金も自分で用意しない限り
ありませんので、自分の稼ぎの中から積み立てる、といったことをしなければ
なりません。

お金があるからといって、事業と関係ないところでたくさんお金を使っていると
納税資金がない、翌年の国民健康保険が払えない、ということになりかねません。

事業に使えば経費になるので、利益が減って税金なども減ります。

入ってきたお金を全部使えない、というのはつまらないと感じるかもしれませんが
自分で税金の計算や支払いをするというのが「事業主」です。
 

ご相談・お見積りは無料!お問い合わせはお気軽に!
三木博人税理士事務所 三木博人行政書士事務所
枚方市大垣内町2-17-5 ダイショウビル304号室
TEL:072-846-8870 FAX:072-846-8878
Copyright © 三木博人税理士事務所 all rights reserved.